最新のお仕事

琵琶デュオ×作家姜信子企画 東京第一弾!「薩摩琵琶弾き語りで描く-ニッポンの千年ブルーズ-」

作家の姜信子さんのナビゲートによる琵琶デュオのライブ。
10月20日(日)と10月27日(日)の2日間にわたって2回、

計4公演を行います。

10月20日(日)
「谺雄二氏詩集&信太妻(説経節より)」
詩人谺雄二氏のハンセン病と闘った詩数編に後藤幸浩が節付け。
日本の詩人の力強く生きる日本語の詩を日本のブルーズ楽器琵琶で全編弾き語り。

10月27日(日)
「みなまた海のこえ&信徳丸(説経節より)」
水俣の作家、石牟礼道子氏原作、「広島・原爆の図」の画家、丸木俊・位里夫妻の共作による「みなまた 海のこえ」を東京で全編初公開!スライド上映をしながら琵琶デュオが歌い、物語を紡いでいきます。
時間:一日二回公演(両日とも)
一部:14時半開場、15時開始~ 
二部:18時開場、18時半開始~

場所:谷根千 記憶の蔵 (千駄木駅団子坂を上って10分) 
料金:3000円(二日通し券5000円) 一回につき30名定員
お問合せ・お申込み◎びわホーシ 070-6577-1818

biwalive.info@gmail.com

今回のメインビジュアルは今年に入って撮影した琵琶デュオの写真の中で、これが使いたいなと思っていた写真です。写真も横位置でしたし、横位置のフライヤーが今までなかったので、今回作ってみました。バックの模様は手持ちの古い生地からです。「千年」というキーワードに負けないようなしっかりした織の菊の文様をあしらってみました。